ごちそうさま@Cafe

konekocafe.exblog.jp
ブログトップ

オーストリア:ビール

オーストリアは「ビール国」らしく、インターネットで検索すると、国内では約1,000種くらいのビールが作られているという。
「ほー」とか「へー」とか言いながら、ビール関連の記事を読む。

私は日本にいたときからビールもワインも大好き派。
一方の夫はずーっとワイン派だったけれど、旅行先のラオスとかミャンマーとか、リトアニアのワインがあまりにも不味すぎて(ちなみに、リトアニアのビールの消費量はヨーロッパでもトップ5に入り、とてつもなく美味しい!!!)、仕方なくビールを飲むようになってから、普段でも私が「今日は暑いからビールにする」というと、彼も付き合ってくれるようになりました。

で、ここしばらく暑い日が続いていたので、オーストリアのビール。
何とアルコール度9パーセント!
d0174043_00013195.jpg
色は少し濃いめ。
d0174043_00021185.jpg
でも、味はフツーだった。。。

[PR]
# by KonekoCafe | 2017-08-07 00:08 | 徒然なるままに

骨折生活:ヘルシーおやつ

秋にイスラエルに行きたいなと思っていたのですが、どうなることやら・・・。

さて、骨折生活中に「骨を強化せねば!」と集中して摂取していたのがゼラチン。
ゼリー作りは難しいと思い込んでいた私は、これまでゼリー菓子を作ったことはなかったのでした。
しかし!
d0174043_00080806.jpg
を使うと、1袋を温めた液体500mlに溶かすだけだという。
で、コーヒーゼリー。生クリームに甘味としてハチミツを。
d0174043_00130719.jpg
d0174043_00132257.jpg
そして、
d0174043_00164528.jpg
フルーツゼリーはお庭のラズベリーとカシスの消費も兼ねて。甘味として夫の手作りのイチゴジャムを使用した。
ここしばらく暑い日が続いていたので、帰宅後はゼリーで至福の一時。
おかげで、7月12日にようやくギプスから解放されたのでした(まだ、痛むけれども)

[PR]
# by KonekoCafe | 2017-07-27 00:27 | 徒然なるままに

Geisha-Schuh(ゲイシャ・シューズ)

松葉杖生活1週間後、病院で経過検査。
その結果、今度は違う種類のギプス「ゲイシャ・シューズ」を装着することになりました。
正式な医学名はあるらしいけれど(←教えてくれたけれど、忘れてしまった・・・)、一般には「ゲイシャ・シューズ」で通っているらしい。
「ゲイシャ・シューズってヒールがとっても高いんだけれど。。。」
と言うと、
「僕もよく分からなけれど、靴の先が開いているタイプをゲイシャ・シューズと言っているみたいで・・・」
と頼りなげな返事。
かなり若いし、この病院は大学付属病院だし、もしかして、研修医???
d0174043_21531961.jpg
まず、白い包帯みたいなものをぬるま湯につけて足に巻き付け、その後、青の包帯みたいなものをその上に巻き付ける。
そして、ドライヤーで乾燥させると、包帯が硬くなって私の足にぴったりとカスタマイズされたギプスになるのです。
d0174043_21583158.jpg
このギプスの上からスリッパみたいなものを履きます。
「このシューズ、最高だよ〜。走れるよ〜」と研修医の若造(苦笑)。
・・・実際に走れはしなけれど、「生活の質」は俄然アップ。少し足を引きずるけれど、ほとんど問題なく歩行できます。
d0174043_22052861.jpg
この日は、おスシでお祝い101.png




[PR]
# by KonekoCafe | 2017-07-06 22:08 | 徒然なるままに

ギプス生活

病院に行った当初は、捻挫だろうと思っていたので、まさかギプスをはめられるとは思ってもいませんでした。

d0174043_17153111.jpg
で、ふつーにジーンズをはいて病院に行った訳ですが、自宅に戻ってからハタッと気がついた。
ぬ、脱げない。。。
で、
d0174043_17164240.jpg
夏用の短パンジーンズとなりました(笑)

このギプスをはめている間、松葉杖生活だったのですが、この間、血栓症にならないように自分でお薬を注射していました。これも初めての経験。
d0174043_17175642.jpg
d0174043_17180526.jpg


[PR]
# by KonekoCafe | 2017-06-17 17:19 | 徒然なるままに

足の中骨を骨折。。。

5月末のこと。
普通に通りを歩いていて滑って、足の中骨(第5)を骨折してしまい、その後1週間はギプスと松葉杖の生活でした。

松葉杖でバスに乗ったり、通りを歩いている人を時々、見かけていたので、この町のバリアフリー度を体験してみようという好奇心から、松葉杖生活の2日目にバスを乗り継いで町までお出かけを敢行。

こちらのバスは低床タイプなので、本来なら松葉杖でも乗り降りは問題ないはずですが、我が家の前を走る路線では時々、「市内観光用」のバスが使われることがあって、これは「高床」で、周囲の温かい手助けがなければ、お年寄りやベビーカーのお母さんたちは自力で乗り降りできないという、とても人に冷たいバスです。

で、私のお出かけ時にも運悪くこの観光バスがやって来て、周りの人の手を借りて乗車。その後の乗換えバスは通常の低床バスなので、こちらは難なく自力で乗車できました。

結論からいうと、体力があれば町へのお出かけも全く問題無し。
そう、体力が肝心です。腕、肩、怪我をしていない足の「強さ」。
この「強さ」が不十分だった私は、1時間くらいでへろへろになり、思わずカフェに駆け込んで「アイスコーヒー」・ブレイクをしてしまいました。
d0174043_00481702.jpg
オーストリアの「アイスコーヒー」。
日本でいう「アイスコーヒー」は「Iced Kaffee」になりますが、この辺りで飲めるのは「マック・カフェ」くらい???


[PR]
# by KonekoCafe | 2017-06-11 00:54 | 徒然なるままに