ごちそうさま@Cafe

konekocafe.exblog.jp
ブログトップ

グルテンフリーなスイーツ:栗きんつば「もどき」

海外に長いこと住んでいて、あまり日本に帰ることのない生活。
そうなると、レシピをみながら作る自分の日本料理が失敗しているのか、成功しているのか分からなくなる。
だから、私の日本料理レベルは「まあ、食べれるから失敗していないのだろうな」という程度。目標とする「料理の味」が思い出せないのだもの。。。

で、ここ数年栗が手に入る時に作っているのが「栗きんとん」。

まずは、「栗の蜜漬け」を作るところから。
* 栗の皮を剥く。(熱湯の中にしばらく浸しておくと、剥きやすくなる)…500g
→この作業が一番大変。ほぼ半日作業になってしまう(泣)
* 蒸し器で栗を柔らかくなるまで蒸す。
* 黒砂糖300gと水300ccを鍋に入れて沸騰させ、火を止めてから蒸した栗を入れ、一晩漬ける。

「栗きんつば」
栗の蜜漬け…250g
栗を漬けていた液…75cc
牛乳…大さじ1
上新粉…大さじ1
そば粉…60g

1. 栗を漬けていた液と牛乳を合わせる
2. 1を少量取って上新粉を溶き、次に残りの1とそば粉も加えて練り、生地を作る。
3. 水気を切った栗の蜜漬けを2に加え、混ぜ合わせる。
4. 蒸し器にクッキングペーパーを敷き、3を流し込み、20〜30分蒸す。

** ちなみに、上新粉は白玉粉に置き換えても大丈夫。グルテンフリーにこだわらなければ、そば粉の代わりに小麦粉でもOK。

d0174043_23304186.jpg
d0174043_23305371.jpg
そば粉は粗挽きを使用!
そばの香りがほんのり♡


[PR]
# by KonekoCafe | 2018-01-13 23:34 | グルテンフリー

ミャンマー:12月6日:ヤンゴン観光

ホテルの朝ご飯162.png
d0174043_00205966.jpg
d0174043_00203731.jpg
パイナップルとオレンジジュースとフィルターコーヒー
d0174043_00202358.jpg
パンケーキとスクランブルエッグとトースト、ジャム・バター

この日は夫の希望で、列車でホテル近くの駅からダウンタウンへ移動。
d0174043_00282256.jpg
d0174043_00283665.jpg
d0174043_00285576.jpg
日本のJR車両の再利用〜


ミャンマーではJR車両だけではなく、たくさんの日本中古車が走っている。「○○工務店」とか、「○○スーパー」とか。
新車もほとんどが日本車で、タクシードライバー曰く「90%が日本車。高いけれど、高性能だから」。

そういえば、うちの同僚のオランダ人が、クリスマス休暇中に、フランス車ルノーでオーストリアからオランダに向かう途中、車が故障し修理がきかず廃車になったらしい。そして、オランダからはレンタカーで戻ってきた。
彼曰く「次の車は信頼できるトヨタにしようと思っている」。

日本車を褒められることは多いけれど、嬉しいというよりも、「日本車を買いかぶり過ぎでは〜」と不安になってしまう。
日本車だって、「ちゃんと」故障するんだよ〜。分かってる???

ランチはたまたま目についたシンガポール・レストランで。
d0174043_00452762.jpg
ミャンマー・ビール
d0174043_01000643.jpg
スープが激ウマ!
d0174043_01005983.jpg

正直、お寺は昨日、十分見たので私的にはどーでもよかったのだけれど、お寺好きの夫に付き合って「あげる」。
d0174043_00494665.jpg

d0174043_00511544.jpg
ダウタウンの店先の子猫

で、夕飯は三日連続ので同じティー・ハウス。
d0174043_00542132.jpg
d0174043_00552523.jpg




[PR]
# by KonekoCafe | 2017-12-06 00:03 | ミャンマー旅行2017

ミャンマー:12月5日:ヤンゴン観光

ということで、この日は1日、一人でヤンゴン観光。

まずは、観光マストの「シュエダゴォン・パヤー」へ。
d0174043_18401757.jpg
d0174043_18403729.jpg
d0174043_18412014.jpg
ミャンマーの寺院はそのほとんど(バガンを除いて)が金ぴか〜。
正直、私の趣味ではないので、さら〜っと見学して終わり。
でも、いつも思うのだけれど、日本以外の仏教国の人々って本当に信仰深い。
全く信仰深くない私にとっては少々、居心地悪し(苦笑)

その後は、ダウンタウンにある「スーレー・パヤー」。ここも金ぴか〜。
d0174043_18484824.jpg
で、注意書きを読む。
d0174043_18494391.jpg
「参拝中の人の妨げにならないよう静かに」というのは一般的な注意事項だけれど、それ以外にも「ブッダや他宗教のイメージ・タトゥー禁止」などミャンマー独特な禁止事項もあったりして。「古代遺跡内では料理・飲食禁止」には失礼ながら笑ってしまった。そっか〜、こんなところで料理をする人がいるのだ〜と。
ただ、その後ミャンマー旅行中に気がついたのだけれど、信仰深いミャンマーの人たちは夜遅くでもお寺に参拝に訪れることがしばしば。もしかすると、「ちょっとお腹すいたわー」とか言って、料理することもあるのかも。。。

d0174043_19055762.jpg
夫がホテルに到着したのは、18時ごろ。そして、昨日のティーハウスで夕食。この日は「シャン・ヌードル」でした。

[PR]
# by KonekoCafe | 2017-12-05 18:29 | ミャンマー旅行2017

ミャンマー:12月3日・4日:夫、ドバイで足止め!

12月3日からちょっくらミャンマーへ旅行。
私は仕事があるので20日に帰国したのですが、夫は来月初までミャンマーとタイを旅行する予定。

で、帰国日が異なるので、今回は別々の航空会社を使って現地集合、現地解散となりました。
と知り合い等に話すと、「へっ?」という反応が返って来るのだけれども、どちらかに合わせると飛行機代が高かったり、ミャンマー出発が早朝だったりと、なにかと不都合な点があったので、今回、私はカタール航空、夫はエミレーツ航空とそれぞれのお互いにとって都合の良い航空会社を選んだのでした。

が、早速ハプニング!
夫のミュンヘン発ドバイ行きが大幅に遅れてしまい、ドバイ発ヤンゴン行きに乗り継ぎができず、夫はドバイに一泊することに。
このメールを私は乗り継ぎのバンコク空港で受け取り、唖然・・・

ミャンマー1日目と2日目は1人行動となったのでした。。。
まあ、夫無しの気ままなバックパッカー1人旅はよくやるので、数日、夫いなくても構わないんですがね。
d0174043_23355114.jpg
ミュンヘン=ドーハ、ドーハ=バンコクのカタール航空のご飯は今ひとつ。。。まあ、某ヨーッロパ大手会社のご飯に比べれば、断然良いのですが。
むしろ、バンコク航空のタイカレーの方が美味しかった!
わずか90分のフライトで、ちゃんとご飯を出してくれるなんて、バンコク航空、すばらしい172.png
d0174043_23411275.jpg
アラブ、アジア系の航空会社の良い所は、ナイフ・フォークがプラスチックでないこと。
欧米系航空会社って、「エコ・エコ」と叫んでいる割には、全くエコでない使い捨てのプラスチックのナイフ・フォークなんだよね。口先だけのエコ主義者〜

この日の夕食はゲストハウス近くのティーハウスで「ヌードル・サラダ」
d0174043_23475039.jpg
感動的な美味しさで、一気にミャンマーのイメージがアップ!!!
量も適量。お値段は約150円(1kt=100円)
d0174043_23505556.jpg
ティーハウスなので、アルコールは一切なし。皆、軽食かお茶とスィーツで団らん。
なんか男性ばかりですが、家族連れも2、3グループいました。
でも、女性同士というのは見なかったなぁ。そして、怪しい外国人女は私だけ。

[PR]
# by KonekoCafe | 2017-12-04 23:58 | ミャンマー旅行2017

アルプスの朝焼け

今週の火曜日のこと。
ふと7時30分ごろ窓の外に目をやると、こんなシーンが。
d0174043_16330056.jpg
綺麗なアルプスの朝焼け。
滅多に出会えないこのシーンに得した気分。
混沌とした世の中を離れて、自然の神秘を感じた一瞬でした。
感謝!


[PR]
# by KonekoCafe | 2017-11-30 16:39 | 徒然なるままに